なぜ便秘は体に悪いのか?その理由とは?

「便秘」のときに腸内で何が起こっているのか分かれば、「なぜ便秘が体によくないのか」が理解できます。

それでは早速見ていきましょう。

便秘の時に腸内で何が起こっているのか?

例えば、真夏の暑い日に、密閉された空間で長時間生ごみを放置したらどうなるでしょうか?

菌が猛烈な勢いで繁殖し、腐敗が進み、悪臭を放つようになりますよね?

実は、これと同じことが便秘時の腸内では起こっています。

腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」がおり、陣取り合戦が日々行われていますが、便秘時には長時間、腸内で消化物が滞留することで消化物が異常発酵し、「悪玉菌」が増えて腸内環境が悪くなります。

【重要】
人間の免疫システムの約60~70%が腸に集中しており、腸内の善玉菌の数が多いほど元気な免疫担当細胞(※)が作られます。

しかし便秘が続けば、腸内での陣取り合戦は悪玉菌優位になり、その影響で元気な免疫担当細胞ができなくなります。

(※)免疫担当細胞とは・・・免疫の最前線で敵と戦ってくれる細胞。がん細胞の発生や細菌、ウイルスの侵入に対して戦ってくれます。

つまり

「便秘になることで、免疫が低下する」

のです。

これが「便秘が体に良くない理由です」です。

便秘を解消するには?

「便秘」には何日間出なかったら便秘・・・という定義はありませんが、慢性的に3~4日出ないことがあれば、便秘かなと思った方がよいでしょう。

免疫にも影響を及ぼす状態なので、なるべく早く解消したいところです。

便秘を解消するには

  • 食事や生活習慣の改善
  • 便秘薬やサプリの活用

などがありますが、もし、いろいろ試しても効果が無い時や、便秘薬を飲んだ時だけは解消されるけど、普通のお通じに近づけたいといった時は、ナカムラ薬局までご相談ください。

当店でおすすめしている便秘解消法

ナカムラ薬局では、毎日、健康に関する相談を受けていますが、その中で多くのお客様が悩まれているのが【便秘】です。東洋医学の視点から考察すると秋という季節は、肺と大腸が影響を受けやすい季節。

昔から肺と大腸は関連しあっていると考えられ、秋になると咳が出やすかったり便秘や軟便になったりする方が増える傾向にあります。特に便秘はこのような季節の影響を受けるとともに冬になるにつれての気温低下が加わり、筋肉も固くなりがちで血行も悪くなります。

このような理由から便秘症状が顕著になることが少なくありません。

ですから秋からはしっかりと便秘対策をする必要があります。

今回のブログでもお伝えしていますが、最も身体に良くないことは何日間も便を溜め込むこと。

お腹の中に生ゴミを放置するようなものです。

ですから、必要に応じて便秘薬を使用して便を出してあげることが必要なのですが、この時に使用する便秘薬は慎重に選びたいところです。

そして、便秘薬だけに頼るのではなく、時間をかけて腸の中の環境改善を同時にしながら便秘をしない腸へと変えていくことも大切なのです。

その中で、利用者からも好評な便秘薬があります。

自然派の便秘薬と高品質な食物繊維をセットにした「快便セット」

●センナ実末にショウキョウ末、ニンジン末を配合し、おだやかに排便を促す便秘薬

+

●食事で不足しがちな食物繊維と善玉菌の補給を一度にできるサプリメント

上記2種類のお薬を
お試しセットとして
5日分 2,200円
(税込み)

便意を無理やり起こさせるものではなく、体に優しく、自然なお通じにしていく漢方由来の便秘薬です。

実際に店主も飲んでいますが、初めて飲んだ多くの方は

「えっ!こんなにでるの?!」

と驚かれます(笑)

便秘にお困りなら、是非一度お試しください。

◆  ◆  ◆

ナカムラ薬局
〒402-0052 都留市中央1-5-12
電話:0554-43-1177

LINEでお友達になって
お得な情報をgetしよう!
お問い合わせもできます!

この記事が気にいったらフォローお願いします!