思いやりの行動~スーパーのレジにて~

先日、あるセミナーで素敵な話を聴きました。

とある男性がスーパーで買い物に行き、レジで並んでいた時の出来事。次は自分の番だと思いながら、前のおばあちゃんの会計終了を待っていました。ところが、終わるはずの会計がなかなか終わりません。

どうやらおばあちゃん、お金が足りないらしいのです。困りながら焦りながら、財布やかばんをごそごそ探すおばあちゃん。彼の後ろにも順番待ちの列は続いています。どうやら不足金は18円。

そんな状況を後ろから見ていた彼は、自分の財布から18円を差し出し「どうぞこれ使ってください。」と。おばあちゃんはとても申し訳無さそうにそれを受け取り会計を済ませました。そして会計は彼の番。レジ係の女性は「ありがとうございました!」と温かい笑顔でお礼の言葉を彼にくれたそうです。

もしも、後ろにいた彼が「何やってんだよ!早くしろよ!」なんて言葉をかけていたらおばあちゃんも、レジ係の女性も彼自身もとても嫌な気持ちでそのスーパーをあとにしたことでしょう。

でも彼の温かい思いやりが周囲の人みんなを幸せな気持ちにしたのです。

自分がその時に何ができるのか
自分の都合ばかり考えるのではなく、周囲の人たちが幸せになれることこそ本当の正しい行動なのだと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です