「ゴースト血管」になる原因は?

こんにちは。店長のマッキーです。

前回の投稿でゴースト血管について書きました。
毛細血管の中を血液が流れなくなり、そのまま毛細血管が消えてしまうことをゴースト血管というのですと書かせていただきました。 私達の血管はほとんどが毛細血管。その血流は健康に快適に暮らすためにとても大切です。
それでは、なぜゴースト血管になってしまうのでしょうか? 原因は様々です。

運動不足 → 身体を動かさなくなると栄養を届ける必要がないと判断し毛細血管が減ってしまいます。

太りすぎ → 余計な脂肪部分にも血液を流すことになり、本来行くべき毛細血管まで充分な血液がまわらなくなってしまいます。

食べすぎ → 食べ物を摂ると消化吸収するために胃や腸に血液が集中するのでその分、末端の血流が悪化してしまいます。

血中脂肪が多い → 血液中の中性脂肪やコレステロールが多くなると血液がドロドロになり、コレステロールが血管壁に溜まると血管が狭くなってしまいます。そして梗塞という血管が詰まる危険性が高くなってしまうのです。

血糖値が高い → 砂糖やご飯や麺、果物などに含まれる糖質は身体にとって大切なものですが、多く摂りすぎると血糖値が高くなり、その状態が続くと血液がドロドロにになり血液を傷つけてしまいます。

    これらの原因が考えられます。 やはり、適度な運動と飲みすぎ食べすぎに注意してバランスのよい食事が大切です。やはり血液と血管に優しい暮らし方がゴースト血管をつくらない秘訣です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です