「ゴースト血管」ってご存知ですか?

こんにちは。 店長のマッキーです。

今日は、最近よく耳にするゴースト血管について書いてみます。
ゴーストって言葉から連想するのは、幽霊とかお化けとか。 幽霊血管?

実は、毛細血管の中を血液が流れなくなり、そのまま毛細血管が消えてしまうことをゴースト血管と言うのです。毛細血管って細くて小さいから、消えても大丈なんてと思ったらだめですよ。

毛細血管は血管の99%を占め、残りの1%が太い血管で臓器も毛細血管で覆われているのです。血液は、この小さい毛細血管で体の隅々まで血液を運んで、身体を温めてくれているのです。

ゴースト血管になり血液の流れが滞ると充分な酸素や栄養素が届かなくなり、老廃物も排出されずに滞留してしまいます。そしてこの状態が続くことにより、毛細血管が減ってしまうと様々な症状が現れます。そして老化も進行してしまうのです。

毛細血管は加齢と共になくなっていくそうです。

こんな症状は思い当たりませんか?

① 最近白髪が増えた

② 目が疲れやすくなった

③ 目の下のクマができやすくなった

④ 体がむくむことが増えてきた

⑤ しっかり睡眠をとっても翌朝疲れが抜けなくなった など

ひとつでも当てはまればゴースト血管の可能性があるそうです。

そこで
毛細血管のゴースト化をチェックする方法を紹介しておきます。

簡単ですので是非やってみてください

足の内側のくるぶしの下を見てください。この部分は皮膚が薄いため血管の状態が肉眼でよく見えます。
毛細血管が正常な人は、青い血管が並んで見えるはずです。しかし毛細血管がゴースト化しているような人は青い血管のまわりに赤紫色の血管が浮き上がって見えるのです。これは血流が悪くなったため、未完成のままになってしまった血管で、毛細血管がゴースト化している人に多く見られます。

しっかりとした血管ではなく、もわもわっと見える赤紫の血管です。

青い血管の周りに赤紫の細い血管が見えたら体に毛細血管のゴースト化が起きているサインです。

次回はゴースト血管になってしまう原因についてお話させていただきます。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です