こころ通信~心の夏休み~

墓参り
みなさん、こんにちは。金巻です。しかし今年の夏は暑かったですね。体調は大丈夫ですか。夏の疲れが出る頃なのでご注意くださいね。

皆さんはどのような夏休みを過ごしましたか? フェイスブックなどを見ていると、家族や仲間との楽しそうな夏休みの様子が写真つきでアップされていて微笑ましい限りでした。
我が家の今年の夏と言えば・・・。お店はお盆期間中も営業で夏休みはありません。昨年は娘(以下、未来)が大学受験でやはり夏休みなし。今年はすでに一人暮らしをしているので、親として娘の帰省を待つという初めての経験。けっこう待ちどうしいものです。そんな親の気持ちよそに未来は大学生初めての夏休みを大いに満喫している様子。それでもようやく14日に帰宅。20日までの1週間を我が家で過ごしました。大学の夏休みはなんと9月末まで。ならばもう少し家にいて店の手伝いでもしてもらいたいところです。それでも帰ってきただけでも良しとしましょう。いろいろな経験を積みながら貴重な時間を過ごして欲しいですね。

帰宅した日の夕食。弘子は久々に気合をいれてキッチンで奮闘していました。弘子の頑張りのおかげで、その夜の食卓は、未来が巣立ってからの夫婦二人きりの日頃のそれとはかけ離れたものでした。皿の数から盛りつけまで。もちろん味も言うことなし。当たり前ですがさすが母親ですね。未来の帰宅数日前から冷蔵庫のタッパやリビングにあるお菓子に貼り紙が。「未来のだから食べないで!」思わず笑ってしまいます。家族での久しぶりの夕食は楽しくてハイボールは格別に美味しかったですね。少しは率先して親の手伝いをするのかなぁと儚い期待を抱いて観察していましたが、残念ながら現実は違っていました。しかもすっかりお客様気分。やりっ放し、出しっ放しも健在でした。トホホ。これから世間様にたくさん教えていただくしかありませんね。 翌日の夜は、少し奮発して外食。孫の帰りを首を長くして待っていた母も一緒です。楽しい会話が弾みました。食事を終え母を送り家に向かおうとしたとき「カラオケ行きたい!」と未来の一言。そのまま車はカラオケボックスへ急行。カラオケボックスなんていつから来てなかったろうか。ひたすらノリノリで歌う未来。知らない曲ばっかり。負けじと歌う弘子。いつも同じ曲ばっかり。私は聴きながら飲むばっかり。若者の元気に圧倒されてしまいました。それでも一曲だけ歌いましたよ。五木ひろし!そこは決してぶれることはありません。男は五木演歌です。曲目は「山河」。いい曲ですよ。自分では熱唱?したつもりですが、二人は全く聴いていなかったですね。

日曜日には私たちもようやく休みでしたので3人で墓参りへ。ここのところあまりランニングができていなかったので私だけは走って行きました。お墓は月江寺。ここから約14㎞の道のりです。二人よりも90分ほど早く出発。暑さに心が折れそうになりながらも無事に到着。ひたすら登りのコースなのでかなりいい練習になりました。暮地の坂を登りきったあたりから涼しくなりました。こんなにも違うものかと思うほどの温度差を体感できました。あまりに汗だくでご先祖様もさぞかし驚いたことと思います。墓前で手を合わせ日頃の報告とお礼そして家族の健康と安全をお願いしてきました。お墓参りは、ご先祖様が今を生きる我々のために家族が一同に集まる機会をあたえてくれているのだといつも思います。そして心を落ち着かせてくれてもいるのです。これからも大切にしたいものです。未来の1週間の帰省はあっという間。最終日は甲府で高校3年の時のクラス会。そこに参加してそのまま東京へ帰ります。久しぶりに娘を甲府に送りました。中学、高校時には幾度となく走った道ですが久しぶりだと遠く感じるものです。会場のレストランに到着すると、先に見覚えのある数名の友達が入口の前で楽しそうに話をしていました。どの顔も一段と大人びていましたね。未来とはここでお別れ。元気に友達の輪に吸い込まれて行きました。「しっかり頑張れよ!」その後ろ姿に言葉をかけました。

帰りの道のりはさらに遠く感じたことはいうまでもありません。こうして我が家の心の夏休みは終了しました。   裕

いつもの紙面で読みたい方はこちら

2014.9jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です