疲れると横になりたくなるのはなぜ?

これから年末にかけてなにかと慌ただしい日々が続き、疲れがたまる時期ですね。誰もが経験があるように疲れると横になりたくなります。私たちの体内で生ずる疲労物質は、血液によって血管を経由して肝臓まで運ばれて分解されます。しかし人間は二足歩行の動物なので立位であるために血液は引力により体の下部へ行きやすくなってしまいます。

皆様もご存知のように肝臓は血液の貯蔵庫。その機能を発揮するにはたくさんの血液を必要とします。ですから、体を横にすることで血液を肝臓に集めて疲労物質を分解していくのです。だから体は「横になりたい。」というサインを出すのです。横になってもスマホをいつまでもいじっていたら目に血液は集中していまします。疲労回復にはまず横になってリラックスし、肝臓に血液を集めることを意識してみましょう。 お酒を飲まれる方は、休肝日をもうけて肝臓をケアしてあげてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です