こころ通信

こころ通信 ~自分らしく~

投稿日時2018年1月31日
投稿者Yutaka Kanemaki

こんにちは。店長の金巻です。
毎日寒い日が続いていますがいかがお過ごしですか?

新年を迎えたと思ったら1月ももう終わり。
子供のころは、お正月になると大人たちが「また一つ歳をとっちゃったなぁ〜」なんていう言葉を口にしていたことを覚えています。「あけましておめでとう」と言いながらも、歳を重ねたことを残念がる様子に、子供心に不思議な感覚を抱いた記憶があります。

今になってみると当時の大人たちの気持ちが理解できる気がします。新年を迎えられたことはとても喜ばしいのですが、歳を重ねるたびに時間がいかに貴重なものなのかを、より強く実感するようになります。そして、心のどこかで、残りの人生をもっと楽しまなくちゃ!、何かしなきゃ!、やりたいことをやらなきゃ!とか焦りに似たような思いが心によぎるのではないでしょうか。でも、やりたいことを思うように実行できずに時間が経過してしまうことの方が多いのだと思います。そんな気持ちの現れが「また一つ歳をとっちゃったなぁ〜」という言葉なのかもしれません。

みなさんは、自分のやりたいこと、ワクワクすることができていますか?
私は仕事においては、皆様のお悩み解決に少しでもお役に立てればという願いを燃料に日々頑張っています。当店の提案によって健康やキレイや笑顔を手に入れてもらえればそれが私のワクワクです。また、私生活においては、私は趣味でマラソンを続けています。走り始めて今年で12年目。またここ数年は自転車を始めたいとか山登りもやりたいとか、思いながらもまだ始められていません。自転車を置く場所がないからとか、その時間が確保できそうにないからなどと自分の中で理由を並べています。

人がやりたいことをやらない理由としてよく使う言い訳は

「時間がないから。」

「お金がないから。」の二つではないでしょうか。

度々耳にする言い訳ですし、私もつい口にしてしまいます。
でも本当にその時間がないのでしょうか? お金と違って時間は全ての人に平等に与えられているもの。その中で時間がある人とない人の差はいったい何なのでしょうか。まず言えることは、優先順位。もし自分のやりたいことをする時間が作れないのであれば、そのことは自分がやりたいこととしては順位が下位なのかもしれません。
自分の好きなことやワクワクすることを中心にした生活をするようになると、その度合いに応じて、そのの実現を助けてくれる機会や人物が自分の前にどんどん現れるとも言われています。
これを統計的に証明することはできませんが、強い信念と決意を持って実践し始めると、これが事実だとわかるとのことです。

夢やワクワクすることは、実際にそれらのことを行動に移さないかぎり、自分のワクワクさせるものが何なのか、本当に知ることにはならないということです。そしてそれを本当に知るまで、人は言い訳の人生を送り続けるのです。

それでは、お金に関してはどうでしょうか。これも時間と同様に優先順位が大切。また、自分がほんとうにやりたいことを信念をもってやり続けていくと、やがて、お金もあとからついてくるというのです。ただし、次のことを肝に銘じておく必要がありそうです。
「人々が忘れがちなのは、お金はくじけそうになるほどゆっくりとしたスピードでついてくるかもしれない」
ということです。
あの有名俳優のシルベスター・スタローンは、映画「ロッキー」の主人公を実現させるまでに、50人近くのプロデューサーに話を持って行っては、断られたといいます。普通の人だったらくじけてしまいそうな事を、くじけることなく続けた結果、夢は実現しているのです。

今年も新しい年がスタートしています。日々の暮らしの中で、自分のやりたいこと、ワクワクすることをしっかり実行していってはいかがでしょうか。

最後に、才能について書き加えます。みなさん、自分の才能について考えたことがりますか?私は、自分の才能についてよくわかっていませんでした。でも以下のことを教えていただいて妙に納得できました。以下はその人の言葉です。「最も簡単な才能の見つけ方を紹介します。何かが好き、楽しいと思ったらそれがあなたの才能です。好き、楽しいは夢中に繋がります。夢中は最強の才能です。努力が楽しくて仕方がないんだから嫌でも上達します。何か好きな事、楽しめる事があるあなたは既に才能を見つけ済みです。おめでとうございます。」
いかがですか? 好きなことをすることはやっぱり素晴らしいのです!

みなさん、今年も残り11ヶ月。ますます楽しい一年にしましょう!

今回のこころ通信のご感想はいかがでしたか?
面白いと思っていただけたら、皆さんに共有をお願い致します!「いいね!」が私の遣り甲斐です☆




このページTOPへ

エステのご予約はお電話にてお願い致します。