腎臓からのメッセージ~NHKスペシャル「人体」より~

こんにちは。店長のマッキーこと金巻です。

皆さんは、腎臓というとみなさんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?「おしっこ」をつくるところ?他にはなんでしょうか。

先日、NHKスペシャル「人体」で、腎臓について大変興味深い内容が放映されました。腎臓は人の寿命を左右する人体の「隠れた要」であることがわかってきました。その中で高知トレーニングのことが取り上げられていました。私もマラソンをするので興味深々。

リオ五輪の競泳金メダリストのである金藤理恵さんの高知トレーニングに密着。標高およそ2000mにあるプールで行われている練習後の血液中の酸素量(血中酸素飽和度)を計測すると、80%台になっていました。平地ではこの値は、96%を切ることはなく、80%台ということは身体がたいへんな酸欠状態に陥っていたのです。それから2週間後。再び練習後に測定すると90%を超える値に回復していたのです。これは「高知順応」と呼ばれる現象で、身体が酸素の薄い環境に見事に適応したのです。

高知トレーニングの狙いは「腎臓を鍛えること」にあるといいます。体内の酸素が足りなくなると、それを察知するのは「腎臓」なのです。そして、EPO(エリスロポエチン)という物質を盛んに放出。この物質は「酸素が欲しい!」という腎臓からのメッセージを全身に伝えるメッセージ物質なのです。EPOは血液の流れに乗って全身に広がり、骨に受け取られます。骨の内部「骨髄」では酸素を運ぶ赤血球が作られています。ここにEPOが届くと赤血球が増産され、体中に効率よく酸素を運べるようになるのです。 漢方の分野でも腎臓は人の生命、寿命に関わる大切な臓器とされています。日頃から腎臓についてもしっかりとケアする必要がありそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です