美・健・快Vol.8 ~汗とうるおいを間違えないで!~

こんにちは。キレイ大好き薬剤師@金巻弘子です。  おかげさまで、「美・健・快」も今回で第8弾です。よろしければ参考にしてくださいね。

この季節、ジメジメと湿気が気になり、お肌もベタつきがち!きっとお手入れを手抜き(~笑~)してしまうのも、この頃からではないでしょうか?晴れた日には顔から汗がダラダラ~と言う事も少なくないはずです。!
図1

さて、ここからが大事なポイント!!

汗 イコール うるおいではないのです。私は声を大にしてお伝えしています!!

ほとんどの方が汗をかいているから「乾燥していない」と錯覚しているのです。たとえばこれからの季節、アスファルトや玄関にお水を撒きますよね~?暑い日はあっという間に乾いてしまいますね!お肌も同じ!!しっとりしているようでも、紫外線や冷房により、肌の奥はものすごく乾燥しているんです!

おまけに汗はアルカリ性…赤ちゃんも「あせも」でまっ赤にただれていることを思い浮かべてください。汗は塩分や尿素も含み、乾燥やダメージを引き起こすクセ者なんです!覚えておきましょう。

ここでさらに理解を深めてもらいたいので焼き魚のお話をします。

干物と生の切り身ではどちらが短時間に焼けるでしょう?

ILM04_CA01004

答えは簡単。もちろん干物です。 つまり乾いているほどに焼けやすいのです。 肌とて同じこと。しているほど紫外線の影響は大きくなります。従ってシミやシワができやすくなるのです。

うるおい肌はシミができにくく、うるおい肌ということは、やわらか肌なのでシワもできにくいというわけです。

ですから
夏こそ、化粧水や乳液そしてクリームこそとても重要なアイテムなのです。 夏のスキンケアは重要ですよ!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です