成長の風景~マッキー先生の独り言~

みなさんこんにちは。金巻です。朝のランニングで新たに植えられた稲の成長が楽しみな季節です。梅雨も夏の日差しも稲の成長にとっては必要不可欠。ということは人間にとっても梅雨や夏の暑さは我々の命に必要な自然の営みです。これからの季節は旬の夏野菜などをしっかり食べましょう。また人の身体も湿気の影響を受ける季節ですので水分代謝に注意しましょう。運動や入浴で適切な発汗を促し余分な水分を身体に停滞させぬように心がけましょう。
a07d616c66362544eb8f3db3b00e4449_l
さて、先日のとある日曜日に日本臨床栄養協会の勉強会に参加してきました。国民の健康のために厚生労働省が考えていること、様々な栄養素のこと等を学んできました。
実はこの勉強会の会場が娘が通う大学の講堂だったんです。小学校や中学校の頃は授業参観なるものがあって日頃の学校生活の様子、雰囲気のようなものを感じ取る機会が多少なりともあったのですが、さすがに大学生ともなるとそのような機会もありません。 この日はなんとなく嬉しい気分で早めに会場入り。なんと会場一番乗り。最も講演の聞きやすい席を確保。本とコンピューターの詰まったやや重めのリュックを置いてその席をガッチリキープ。 開会まではまだ1時間近くあります。 コンビニで購入したコーヒー片手にキャンパス内をゆっくりと散策。毎日ここまで通っているんだなー。なんだかしみじみと実感。娘が通う学部棟入口前にはちょっとしたフリースペースがあり白い丸テーブルとイスが配置されています。多くの人がそこでお茶を飲んだり談笑していたりといかにもキャンパスという風景。日頃、娘もここで同じようなことをしているのかなーなんて勝手に想像。そして自分も空いている席で一休み。どうやらキャンパス内のどこかで高校生の模擬試験が行われる模様。必死に参考書に集中する高校生が多く見受けられました。「頑張れよ!」心な中でそんな言葉を彼らに贈りながら席を立ちました。午後1時からの勉強会が始まるまで昼下がりの散歩を楽しむことができました。
yjimage (10)

勉強会終了後、この日の私にはもうひとつのミッションがありました。それは娘のバイト先への客としての潜入。と、ドラマ仕立てに書くまでもなく、娘が働く姿を一度見たかっただけ。娘はアパレル店員さんのアルバイトをしています。要は洋服を売っています。先日帰宅した際に、洗濯物をものの見事に何重もの重箱のようにきれいにたたんでくれたのもこのバイトでの成果です。この日の娘のバイトは夕方6時まで。私は4時半頃に現場に潜入!もちろん私が行くことは事前に伝えてあります。それでもなんだかドキドキします。複数のフロアにまたがる大きなお店なので、何階にいるかはその日の状況によって違うとのことで、着いたら探して欲しいとの連絡をうけていました。店の入口では同年代の女子がその日のお買い得品やキャンペーン内容を元気に明るく説明しています。そういえばこの呼び込みのポジションは新人が担当するらしい。以前に娘から聞いたそんな情報を思い出しながら店内へ。東京の日曜日の店舗はさすがに大忙し。さらにドキドキワクワクが押しよせてきます。エスカレーターで2階へ。そこでついに娘を発見。強めの冷房の中、ノースリーブ姿でレジに立ち、列をなすお客様に手際よく対応していました。ホッとして嬉しかったですね。気づかれないようにしばらく離れたところから見学させてもらいました。うんうん!いいぞ。笑顔も絶やさずなかなかいい感じです。安心したところで私は上階のメンズ売り場へ。、シャツとジャケットとデニムを物色。ホントは選ぶにあたって娘のアドバイスをもらいたかったのですがまさか下の階のレジから連れてくるわけにもいきません。それでも、購入を決めた商品を手に娘のいるフロアーまで降りていって娘にレジをしてもらいました。娘とはそこで対面。一瞬驚いたような表情でしたがあえて冷静に対応していたのが印象的でした。
私 「おつかれ様。 寒くないか?」
娘 「寒い・・・」
私 「これ買うよ」と選んだシャツとジャケットをカウンターに。
娘 「おっ、いいじゃん!」 とお褒めの大サービス。お父さん大満足でした!。
ファイル 2015-06-16 10 46 04

その後は娘の仕事終わりを待って食事。娘が予約してくれた韓国料理のお店でサムギョプサルを堪能。この日はお留守番の弘子に写メを送ると、一人で食べているうどんの写真が送られてきて二人で大笑い。いろいろ食べながら、バイトのこと、レポートの締切が迫っていて大変なこと、前日の夜はお友達の誕生会で遅くまで盛り上がったこと、スマホのアプリのこと、英語の試験のこと、今読んでいる本のこと、将来のこと・・・・。たくさんたくさん話しました。娘の今を精一杯感じることのできた初夏の一日となりました。これから実りに向かい成長する稲に負けないように一日一日を大切に悔いのないように過ごしてもらいたいと願うばかりです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です